有効な肝斑治療の方法

  • 肝斑治療は保険適用されるのか

    • 肝斑とは、頬や額に左右対称にもやもやと広がるシミの事で、30代から40代に発症することが多く、女性ホルモンに関係するといわれています。妊娠やピルの服用をきっかけに発症し、閉経後に解消することが多いため、男性にはほとんど見られません。

      肝斑は美白化粧品を使用してもよくなることは少なく、最悪の場合はひどくなってしまうこともあります。



      そのため、皮膚科では肝斑治療が行われていますが、シミの治療は一般的に長期にわたって行われるため、費用が高くなってしまうケースもあります。



      肝斑治療は、疾患と考えられれば健康保険が適用できますが、そうでなければ自費診療になってしまいます。

      肝斑に効果的と言われているトランサミンやビタミンCなどの内服薬はほぼ保険診療になることが多いようですが、ハイドロキノンやビタミンC誘導体、レーザートーニングなどの治療はほとんどのケースで自費診療になります。
      皮膚科で肝斑治療を受けたいと考えている場合は、どの治療が保険適用なのかを事前に医療機関側に確認しておくことが大切です。


      また、診療費を安く抑えたいという場合は、内服薬などをジェネリック医薬品にしてもらうことで経済的な負担を軽くすることができます。

      多くの場合、肝斑は内服薬と外用薬を併用することで半年で約半分の患者が改善を実感したというデータがありますが。



      肝斑と紫外線によるシミは皮膚科医でも判別が難しいと言われているため、専門の知識をもった医療機関にかかることをおすすめします。