有効な肝斑治療の方法

  • 安全な肝斑治療を受けるために気を付けたいこと

    • 肝斑は肌にできるシミの一種で、主に顔に発生することが多く、左右対称になりやすい特徴があります。
      また、30歳以上の中高年の女性が発症しやすく、妊娠や避妊薬の常用がきっかけで肝斑が出来るケースもあります。

      近年の研究では女性ホルモンの分泌量の変化が肝斑の発生に影響を与えている可能性が指摘されています。
      美容外科などの医療機関で行われている肝斑治療は症状が出ている部分にレーザーを照射して肌の細胞を除去する方法や、内服薬で発症を抑える方法などがあります。いずれの方法も治療期間や効果などで長所と短所があるため、通常は複数の方法を同時に行う事で効果的に肝斑を除去することになります。



      肝斑治療は肌のシミを取り除く処置の中でも時間がかかりやすい傾向があるので、事前に治療のスケジュールを調節して生活の面で不備が生じないように考慮する必要があります。


      また、使用する器具や薬剤は個人の体質によっては却って肌の具合を悪化させてしまうこともあるので、必ず検査を行うように心がけます。


      同じ治療行為でも使用する薬剤や医師の技術力によって肌の状態に差が出るので注意が必要です。



      誤った方法による肝斑治療は肌の状態を悪化させてしまう他、重大な疾患の原因にもなることから信頼できる医療機関で適切な治療を受けることが大切です。



      また、自分自身の体質や生活環境を把握して、肝斑の発生を未然に防ぐことも綺麗な肌を維持するための重要な心得になります。