有効な肝斑治療の方法

  • 舌を動かしてほうれい線を消す

    • 顔の皮膚がたるんでしまったり、しわが増えてしまう理由は、肌が老化してしまうこともありますが、筋肉が衰えてしまったことが大きな原因になります。

      表情筋は60以上の細かな筋肉が集まって作られているのです。
      その中で日常的に使っている筋肉は約20%程だという説もあります。



      つまりほとんどの人が顔にある筋肉の半分以上を使っていない状態なのです。



      そして表情筋は皮膚と密接に繋がっているという特徴がありますので、使わなければ衰えて細くなってしまい、その結果皮膚を支えきれなくなってしまうので、肌がたるんでしまったりしわになってしまったりするのです。顔全体の肌が下に落ちてきてしまうと、鼻の脇から口元にかけてあるほうれい線がくっきりとして、深くなってしまいます。

      年齢によってほうれい線は深くなってしまうことが多いのですが、表情筋を鍛えていれば消すことも可能です。
      ほうれい線を消すためには、口の周りの筋肉を重点的に鍛えてあげる必要があります。それには舌を大きく動かすトレーニングが効果的です。

      筋肉は繋がっているので、舌を大きく回してあげたりといろいろと動かしてあげると、口の内側から表情筋やくみなどのたくさんの筋肉に刺激を与えてあげることができます。
      歯茎をなぞるように動かしたり、舌を出して左右に動かすなどすると、しっかりと筋肉を鍛えることができるので、顔や首を引き締めることができ、たるみやしわ、ほうれい線などを消すことができます。